婦人

【オーナーの仕事が省ける】安心できる家賃保証会社を比較!

賃貸物件と連帯保証人

家賃保証会社は何社もありますが、それぞれ保証料や保証内容については細かな点で違いがあります。そのため、賃貸の物件への入居を検討中の人は実際に家賃保証会社を利用する前には複数の業者を十分に比較、検討することを忘れないようにしましょう。

賃貸経営に安心をもたらす

家賃保証会社は、入居者の家賃等に対する支払い保証を手がけるサービス事業者です。債権を安全に確保できる存在として、物件オーナーにとって頼れる存在です。サービス内容は業者ごとに異なるので、利用する際は特徴をよく比較してから選ぶようにします。

賃貸経営に欠かせない会社

家賃保証が連帯保証人よりも確実な家賃保証会社は、賃貸経営に欠かせない存在となりつつあり、家賃保証会社の数も増えています。その中から選定するために、比較すべきポイントは経営状態、保障内容、委託料、回収方法といったことが挙げられます。

オーナーにも最適

集合住宅

賃貸住宅を借りる場合には一般的に連帯保証人を立てます。身内を保証人にするケースが一般的ですが、連帯保証人をたてる事が出来ないケースもあります。高齢者・外国人・身内がいない人などがこれにあたります。保証人がいないと賃貸住宅の契約が出来なくなってしまいますので、近年は家賃保証会社を利用するケースが増えています。この家賃保証会社は賃借人の連帯保証人を代行する会社で、賃借人と保証委託契約をする会社です。賃借人が賃貸料を滞納した場合等に、家賃保証会社が家賃を立て替え賃借人に請求する事になります。つまり、家賃保証会社があれば不動産会社やオーナーは家賃回収の手間もはぶけ、取り損ねる事がないと言えます。また賃借人にとっても保証会社と契約出来れば賃貸契約も可能となる訳で利便性が高いと言えます。現在は賃貸契約時に家賃保証会社との契約が必須となる場合もあります。家賃保証会社は複数あり、不動産屋からの業者指定がなければどの会社にするか比較する事が可能です。契約する場合は保証料が必要ですが、保証料で比較する事も重要です。なおどの保証会社でも審査があります。特に信販系の保証会社ではクレジットカード申込時と同じような審査をするケースもありますので、信用情報を閲覧します。他の保証会社と比較をすると審査は厳しめと言えます。また家賃保証会社は複数ある為、一概に比較も出来ません。不動産業者からよく話を聞く以外に、保証会社の評判がどのようなものかもしっかり確認しておく必要があります。