硬貨

【オーナーの仕事が省ける】安心できる家賃保証会社を比較!

賃貸経営に欠かせない会社

スーツの人

いくつかある選定ポイント

連帯保証人よりも家賃保証の確実性が高い家賃保証会社は、賃貸経営において欠かせない会社になりつつあります。そういったこともあって現在、家賃保証会社の数は非常に増えているのですが、そうなると困るのが、どの家賃保証会社を利用すべきかということです。まず、家賃保証会社を比較する上で、絶対に比較しなければならないことは、経営状態であり、その理由は倒産する家賃保証会社が多いからです。倒産されてしまっては、家賃保証も消失してしまうことになりますから、経営状態の比較は必須でなければならないのです。そして当然、保障内容も比較する必要があり、例えば、代位弁済は家賃滞納発生を報告した後、いつになるのか、原状回復の費用まで保証してくれるのかといったことを比較すべきです。また、入居者に、ある意味、賃貸経営者側の都合で経済的な負担を強いるわけですから、入居者が支払う委託料も比較しておくべきです。委託料は契約時と更新時に支払い、契約時は家賃の0.5カ月分〜1カ月分、更新時は0.3カ月分〜0.5カ月分というのが相場です。但し、契約期間が1年の会社もあれば2年の会社もありますので、トータルで比較することが大切です。加えて、代位弁済した分は家賃保証会社が独自に回収するのですが、その回収方法に問題のある家賃保証会社も中にはいます。悪徳な回収が行われると、他の入居者に迷惑がかかりますし、物件の評判が悪くなることも考えられますので、回収の方法や評判も比較すべきだと言えます。