硬貨

【オーナーの仕事が省ける】安心できる家賃保証会社を比較!

賃貸経営に安心をもたらす

握手

家賃債権を確実に回収

近年は老後の生活資金獲得などの目的で新規に賃貸経営を始める人が増えていますが、それとともに普及が進んでいるのが家賃保証会社による支払い保証サービスです。支払い保証とは、入居者が家賃等を滞納した場合に、保証会社が代位弁済を行うサービスです。債権が回収不能にならないための保全策として、賃貸オーナーの間で人気があります。支払い保証に必要な費用は、入居者が負担します。保証料という名目で入居時に家賃の30〜70%、契約更新時に10〜30%程度を家賃保証会社に一括納付するというのが一般的です。毎月の家賃に上乗せして支払うケースもあります。オーナー側に利用料金の支払い等は発生しません。支払い保証サービスの具体的な内容については、それぞれの家賃保証会社ごとに異なります。インターネット上には比較サイトなども開設されていますが、比較すべきポイントとしては、まずは保証の対象が最も重要です。大半の家賃保証会社では、毎月の家賃と退去後の残置物処分費が支払い保証の対象になっています。しかし原状回復費用と明け渡し訴訟の費用については、保証の対象に含まれているところといないところがあります。また、さらに細かく比較してみると、家賃についても最大何か月分まで保証されるかについては会社ごとにばらつきがあります。一方、免責期間も比較ポイントとなります。免責とは滞納発生から一定期間を経過すると代位弁済の義務がなくなるというシステムで、簡単に言うと「放っておくと保証してもらえなくなる」ということです。他に仕事を持っているなどして多忙なオーナーであれば、この期間が長い方が助かります。